translation missing: ja.general.navigation.skip_to_content

サウナと共にある暮らしを、日本で。

-Estonian Sauna- totonoü

Sauna from Estonia

Know More

サウナと共にある暮らし

サウナ大国・フィンランドから飛行機で約20分。
湾を挟んですぐ向かい側にあるのが、人口約130万人の小国・エストニアです。そんな同国もまた、知られざるサウナ大国であることをご存知でしょうか? 

フィンランドと文化圏を共にするエストニアでは、古くは紀元前2000年よりサウナ文化が存在したとされ、
今日、各家庭に当たり前のようにあるプライベートサウナに象徴されることからも、サウナはエストニア人にとっての日常です。

totonoüは、そんなエストニアのサウナのみならず、“サウナ文化そのもの”を日本に届けるべく、2020年より始動しました。

バレルサウナは、木製の樽型にストーブを設置したサウナです。 天井部が円形であるため、ロウリュの熱が最も効率的に循環する形式のサウナとなっています。

Barrel Sauna

4-6人用 アウトドアサウナ

Check

庭先やテラスなどに気軽に設置できる大型の屋外用サウナです。内部に更衣室があり、このバレルサウナ一つですべてが完結します。

Big Barrel Sauna

4-6人用 前室・テラス付き

CHECK

支配の歴史を持つエストニア。北欧の文化をベースに西欧やロシアの影響を受けた結果、 独特でモダンなデザインが生み出されています。

モダンなデザイン

エストニアの物価は日本の約7割程度。隣国フィンランドに比べても遥かに安く、その分安価で良質なサウナを購入することができます。

比較的安価

エストニアのサウナの歴史は数千年とも。ソ連支配の中でも黙々とサウナ文化を受け継いできたエストニアサウナは高品質です。

伝統に裏打ちされる品質

施工・工事

Contact Us

施工・電気工事を一気通貫で

totonoüでは、サウナ製品選定は勿論、国内電気店・工務店と連携することで、施工や電気工事までを一気通貫でご提供致します。
勿論、お客様ご自身での手配も可能です。

設置や工事にご不安がある方でも、是非一度お気軽にお問い合わせください。

施工費の目安:600,000円〜(バレルサウナ2.2m / 薪ストーブ / パノラマガラス無し)
電気工事費の目安:200,000円〜(バレルサウナ / 電気ストーブ)

News

Read more

エストニア発、新サウナストーブブランド”COZY”の薪ストーブ取扱を開始

totonoüは、エストニアの新たなサウナストーブブランド”COZY”の薪ストーブの提供を開始したことを発表します。 今後は、エストニアのサウナ文化を支えてきた熟練の職人たちによる、高品質で環境にもやさしい薪ストーブを、totonoüが提供するバレルサウナや屋内用キャビンサウナと掛け合わせることでその魅力を提案します。

h1, .h1 { font-size: 12px; }

サバンナ高橋茂雄氏のプロジェクト・SSS(しげおサウナ作戦)で、totonoüのバレルサウナが導入

totonoüは、サバンナ高橋茂雄氏の推進するプロジェクト・SSS(しげおサウナ作戦)において、totonoüのバレルサウナと、バレル風呂が導入されたことを発表します。

h1, .h1 { font-size: 12px; }

藤森慎吾氏主宰・FILLLLAGEのサウナ村プロジェクトで、バレルサウナを導入

totonoüは、藤森慎吾氏が主宰するオンラインコミュニティ・FILLLLAGE(フィレッジ)のサウナ村プロジェクトで、totonoüのバレルサウナと、バレル風呂が導入されたことを発表します。

h1, .h1 { font-size: 12px; }

totonoüのバレルサウナ、おふろcafé utataneで導入

totonoüは、株式会社温泉道場(本社:埼玉県比企郡ときがわ町、代表取締役 山崎寿樹)が運営する温浴施設 おふろcafé utatane(埼玉県さいたま市)で、totonoüのバレルサウナが導入され、提供開始に至ったことを発表します。

h1, .h1 { font-size: 12px; }

totonoü Original Video

Estonian Sauna Culture

-Legal-

高温で部屋全体を熱するサウナは、どうしても火災のリスクと隣り合わせになります。
totonoüのバレルサウナは火災のリスクを極限まで低減させるよう、以下のように対策を講じています。

・規定されているサウナストーブの離隔距離を遵守する
・ストーブ周辺部に不燃材料を配置し、可燃部が高温になることを防ぐ
・電気用品安全法における技術適合品の電気サウナストーブを使う

なお、サウナの個人利用に関しては、家庭用であれば消防署への申請が不要なケースが一般的です。
ただし各種法令の運用や解釈は地域によって異なるため、 totonoüでは導入前に管轄自治体に確認することを推奨しています。

About totonoü

Know More

“サウナと共にある暮らし”で、心とビジネスがととのう

totonoüは、「心とビジネスがととのう」を提供するフルリモート企業です。北欧・エストニアに拠点を構えながら「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。なお、従業員に対してはサウナ手当を支給しています。

Estonia : totonoü
住所: Lastekodu tn 10-14, Tallinn, Estonia

Japan: totonou Japan株式会社
住所: Daizawa2-5-12, Setagaya, Tokyo, Japan