事業用サウナ 導入事例 / お客様の声:ホテル川久・大美様


 1992年に総工費400億円という壮大なプロジェクトの末に南紀白浜に誕生したホテル川久。豪華な客室や、上品な温浴エリアは関西圏で評判が高く、南紀白浜を代表するホテルの温泉サロン・悠久の森にtotonoüのバレルサウナが導入されました。

今回は、totonoüチームがそんなホテル川久さんを訪問。バレルサウナの導入を担当された施設課・課長の大美剛さんにお話を伺ってきました!

 

 

Q. 今日はお時間をいただきありがとうございます。(豪華絢爛なホテルの内装に押され気味のtotonoü取材班…!) 早速ですが、今回バレルサウナの導入に至ったきっかけを教えてください。

A. 日本三古湯のひとつでもある「白浜温泉」が魅力の当ホテルには、ROYAL SPA(2階)と悠久の森(1階)の2つの温泉サロンがあります。ただ、サウナは2階のみROYAL SPAのみでのご提供となっており、1階の悠久の森ではご提供できていませんでした。

1階と2階は日替わりで男女入れ替えをしているのですが、1階・悠久の森へのサウナ設置は、多くのお客様からのご要望を多くいただいており、今回サウナの導入を決定しました。

設置にあたっては、せっかく露天風呂スペースに設置するのだからと、普通のサウナではなく個性あるサウナを探していました。そんな折にtotonoüのバレルサウナを見つけ、問い合わせに至りました。

 

Q. 今回はバレルサウナ(2.2mモデル)を導入いただきました。なぜこの商品をお選びいただいたのですか?

A. 露店風呂にフィットするサイズだった点で、奥行きが2.2mのモデルを選びました。電気ストーブは構造がシンプルなTylo Sense Sports 8kWを採用し、最大12時間駆動するようにタイマーをカスタマイズしてもらっています。現在は柵があることを考慮し、4人用サウナとして運用しています。

 

Q. 購入から納品までのスケジュールを教えてください。

A. 10月上旬にWebサイトから問い合わせをし、数回の電話会議を経て11月上旬にオーダー、12月末に貨物が日本に到着し、年末年始休暇を挟んで1月上旬に到着・施工しました。

 

Q. サウナを設置するときに、何か留意した点はありますか?

A. 今回は地元の工務店さんに施工をお願いしたのですが、事前に組み立て書を送った上で、藤森慎吾さんや高橋茂雄さんの動画を参照して、実際の流れを明確にした上で、施工に移りました。その甲斐もあり、バレルサウナの組み立てはスムーズに行えましたね。

細かい点で言うと、ドアが自動的に閉まるように、弊社提携の工務店さんに依頼をしました。また、小さいお子様などがストーブに触れて怪我をされないように、ストーブ周りに柵などをつけました。

 

Q. 施工時に何かトラブルはありましたか?

A. 施工前に湿度が高い環境に電気ストーブを保管していたところ、電気ストーブの電熱線に結露が発生してしまい、スイッチがつかなかったことがありました。担当の小林さんに問い合わせたところ、空焚きをオススメされましたので、試してみたら治りました。

 

Q. 実際にバレルサウナを導入してみていかがですか?

A. まだ導入をしてから1〜2週間ほどですが、常連のお客様からはご好評をいただいております。実は露天風呂エリアに水風呂が無かったんですが、元々シルキーバスとして提供していた浴槽を、水風呂へと転換。チラーは導入せずに水道水掛け流しで提供していますが、南紀白浜の柔らかな水はしっかりと冷えているため、こちらもご好評をいただいています。

 

Q. オロポなどゆっくりくつろげるリクライニングチェアなどが印象的ですが、何か意識して取り組んだことはありますか?

A. 弊社の代表がサウナ愛に溢れるサウナ好きで、サウナ→水風呂→外気浴への導線など、サウナーにとって喜んでいただけるような設計を心がけました。やはりサウナへの愛情は良いサウナを提供する上で欠かせないと思っています。

Q. 今後の展望をお聞かせください。

A. 安全性も担保しつつ、バレルサウナをより高温で運用できるように現在調整中です。
また、より良いサウナ体験を提供すべく、客室へのプライベートサウナ導入も視野に入れているんです。サウナへの愛と安全性の追求心を貫きながら、新しいことにどんどん挑戦して、サウナシーンを牽引する存在になれたら、と思っています。

(totonoüメンバー一同) ありがとうございました! 

 

編集後記
totonoü初の関西圏でのバレルサウナ導入となったホテル川久さん。ロケーションや露天風呂スペースの美しさも去ることながら、サウナからすぐ出て飲めるオロポ(精算は自己申告制…!)や、外気浴前に体を拭けるバスタオルが置いてあるなど、サウナー目線でのきめ細やかな配慮が嬉しい温泉サロンでした。

今回のように今までサウナを設置していなかった温浴施設/宿泊施設さんが、露天風呂スペースに比較的安価かつ容易に設置できるバレルサウナを導入する事例は徐々に増加しており、今後も今回の川久さんのようなケースがどんどん増えることが予想されます。

ホテルの宿泊者に加えて、日帰り温泉でも楽しめるようですので、是非お立ち寄りください!(バレルサウナがある悠久の森は、男女日替わりとなります。2階のサウナからの絶景も中々ですよ…!)
お問い合わせはこちら
 
■導入頂いたサウナモデル