translation missing: ja.general.navigation.skip_to_content

藤森慎吾氏主宰・FILLLLAGEのサウナ村プロジェクトで、バレルサウナを導入

  • by totonoü(Estonia)
 エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、藤森慎吾氏が主宰するオンラインコミュニティ・FILLLLAGE(フィレッジ)のサウナ村プロジェクトで、totonoüのバレルサウナと、バレル風呂が導入されたことを発表します。
 

 


■サウナ村プロジェクト初のサウナ設置

藤森慎吾氏は、2021年1月に水が湧き出る山を購入。オンラインコミュニティ・FILLLAGEを立ち上げ、コミュニティのメンバーと共にサウナ村プロジェクトを進めてきました。

これまでには、桜の木の植樹や畑作りなどを進めている様子がYouTube等で公開。今回のサウナ導入はその一環で、FILLLLAGEにとっては初のサウナ設置となります。

設置されるサウナは、直径2.25m、奥行き4mの大型バレルサウナ(樽型サウナ)で、サウナ室には半円のパノラマガラスも。ロウリュと絶景を楽しみながら、円形の壁に沿って降りてくる蒸気を満喫することができるモデルです。今回はバレルサウナに加えて、ストーブで加熱をすることも可能なバレル風呂も導入いただきました。

 

■施工の様子はYouTubeチャンネルで公開

2日間にわたる施工はtotonoüの施工チームと、FILLLLAGEメンバーとの合同で行われ、その様子は藤森慎吾氏のYouTubeチャンネルでご覧いただけます。なお、バレルサウナの内装や藤森氏が実際にサウナを体験している様子は、近日公開される第二弾の動画で発表予定です。

https://youtu.be/MZrt2ylUBJk
 

 

本事例のサウナ製品: Big Barrel Sauna 4.0m 
タグ: Use Case
SNSでシェア

古い記事 新しい記事