薪ストーブと電気ストーブの特徴について


 

バレルサウナを検討している方から「薪ストーブと電気ストーブの違い」について多く質問を頂くことがあります。この記事ではそれぞれの特徴をご紹介します。

 

薪ストーブの特徴

ストーブ代金以外の初期費用は不要、ランニングコストとして薪代、メンテナンス費用がかかります。

・1時間あたり1~2kgの薪が必要となります。コストは購入元にもよりますが、薪1束約500~800円/h 程度です。(着火材等は除く)

・燃焼開始から30分~60分程度で、80度前後まで暖まります。(薪の乾燥度合いや、外気温によって変わります)、さらに薪を投入し続ければ120度近くまで上げることも可能です。

・使用後に灰の掃除やメンテナンスが必要ですが、長く使用することができます。

電気ストーブと比べて輻射熱の放出具合が異なり、体感温度が高く身体の芯から温まることができます。

 

電気ストーブの特徴

ストーブ代金以外に電気工事費が必要ですが、ランニングコストは安く抑えることが出来ます。

・200vで4.5kwのストーブを利用する場合、おおよそ120円/h~となります。(電気基本料金は除く / 東京電力第2段階料金)ただし、初期に200Vの配線工事を行う必要があり、場所によっては電線引き直しの工事が追加されることもあります。

・燃焼開始から30分程度で、十分な温度まで暖まります。また、出先でもアプリ上でストーブのon/offがコントロールできるモデルもあります。

※電気代や温まるスピードは使用する条件によって前後しますので目安としてご確認ください。

 


■似ている記事はこちら
薪ストーブを導入予定ですが、一酸化炭素中毒や火災などの事故が心配です。